HOW TO DECORATE 8
インテリアに合わせて、アートを素敵に飾る方法

Stairs

階段に飾る
VIGLOWA_stairs01.jpg
階段のデッドスペースにアートを飾る。

インテリアのベースカラーがミニマムな場合は、このシンプルさを生かすためにモノトーンのフォトグラフを飾ってみました。作品はモノクロとセピア調で、フレームは空間を引き締めるために細めのブラックを選びました。螺旋階段は、狭小住宅にとって有効な空間活用です。毎日登り降りする階段の片隅にお気に入りのアートが視界の片隅に入ってくるだけで、無機質な空間に較べて心が躍るでしょう。ミニマムな空間には、どんな色のアートを飾っても馴染みます。季節によって、思い切ったカラーのアートに差し替えても良いかもしれません。

◉インテリアカラーパレット
VIGLOWA_liv03pal05.jpg
VIGLOWA_liv01pal02.jpg
 VIGLOWA_liv02pal01.jpg
VIGLOWA_liv01pal01.jpg
VIGLOWA_stairs02.jpg
登り降りする度にアートが視界の隅に入り、心に栄養を与える。

コンクリートの壁とスティールの階段は、一見、クールで現代的な印象を与えますが、

日々の暮らしの中では、無味乾燥で味気ない印象を与えます。そんな時には、色とりどりのアートを無造作に飾ってみましょう。色の波動は、心に栄養を与えます。色の調和など気にすることはありません。全ての色を調和する色のルールは無彩色です。無彩色とは、ブラック、ホワイト、グレーです。グレーのコンクリートの壁は、無彩色で全ての色を調和させるのです。だから、色のコーディネートなどに神経質になることはないのです。喧嘩しそうな色がたくさんあっても、無彩色が全ての色を調和するというルールを思い出してください。

◉インテリアカラーパレット
VIGLOWA_liv01pal02.jpg
VIGLOWA_liv01pal07.jpg
VIGLOWA_liv01pal10.jpg
VIGLOWA_liv02pal07.jpg
VIGLOWA_liv01pal04.jpg