Robert Farber

By the Sea

水の端から高くそびえ立つ赤い更衣所の列…人気のないビーチに見張りを立てるための孤独な木製の椅子…木製の柵の影に囲まれた穏やかな砂の山…険しい岩の後ろに突き出た遠くの灯台…これらが豊富なロバート・ファーバーのBy the Seaの刺激的な画像です。

 

1世紀前の印象派のように、ファーバーは時代を超越した、くつろぎの瞬間を捉えたぬくもりのある挿絵を作り出します。人間の海への親近感に鋭く同調し、彼の芸術を用いて、その環境の多くの側面を探索し、見る人に以前とは異なる目で海岸を観察するように余儀なくさせています。

 

ファーバーは、ヌード写真とファッション写真で最もよく知られていますが、ここで提示する画像は人の姿が支配的ではありません。それでも、海岸線を貫くビーチパラソル、ラウンジチェア、遊歩道、家、ボートなど、どこにでも人の手の感触があります。自然の素晴らしさの遠隔記録であるどころか、これらは暖かく、それらを見るすべての人の反応の良い和音を打つ身に沁みる画像です。

 

また、写真は水と浜だけを褒め称えるものでもありません。ファーバーの洞察と彼の主題の多様性の両方の尺度であり、彼は最初は海とは無関係に見えるかもしれない画像をリンクすることができます。海辺の建物の荒廃した壁。果樹が満開で、活気にあふれています。

 

どんなに意味のあることでも、ファーバーの印象は、By the Seaのページを飾る唯一のステートメントではありません。本全体を通して、海に何らかの形で触れられた人々の考えやコメントによってイメージが強調されています。アン・バンクロフトとウーピー・ゴールドバーグからマリブのライフガードまで、エルテとオノ・ヨーコからメキシコの宿屋の主人まで、彼らの雄弁さは、この本を並外れた写真のコレクションから、自然界で最も永続的な関係の1つである人と海の絆へのオマージュに変えます。

海はいつも私にとって不思議で、美しく、インスピレーションを与えてれ、そして、慰めの源でした。

私は、早朝、または午後遅くの空のビーチの絶妙な荒廃が大好きです。

私は、海の謎に惹かれます。私たちのほとんどが知らない奇妙な水中の世界。穏やかで力を生み出す海の力に魅了されています。そして、私は常に印象派の絵画に魅了されてきたので、特に地中海は私にとって彼らの世界との具体的なつながりです。

 

なぜ、こんなに海に反応するのかよくわかりません。おそらく、それは生命の源泉としての海の役割であるか、あるいは単にそれが表す脱出と冒険の概念であるかもしれません。おそらく、それはその予測可能性と予測不可能性の独特のパラドックス、あるいは、それがもたらす新鮮さと更新の感覚ですらあります。理由が何であれ、私はこれだけは確信しています。地理的な場所に関係なく、海は地球上で最も素晴らしい環境の1つです。

 

振り返ってみると、海とそれに接する世界が、私の最初の記憶に埋め込まれていることに気づきました。子供の頃、ニュージャージーの海岸で家族と一緒に夏休みを過ごしました。そこで蓄積した印象は、それ以来、海に対する私の考えを形作っています。

 

私の子供の頃の海は、今日のように、主に一連の感覚的な経験でした。もちろん、白い、盛り上がった砂の外観がありました。塩気のにおい、そして、水自体の変化する色合いと態度。これらはかなり普遍的な認識です。

 

しかし、足元や、ベッドに入った後に砂の感覚もありました。空気中の湿気、浜で一日を過ごした後の私の肌の張り、岸に打ち寄せる波の音、カモメの鳴き声、そして遊んでいる子供たちの叫びがありました。

 

他にも、わずかに本題からそれる程度の思い出がありました。一日中太陽の下に座っていたしわの寄った老人、おそらく彼の人生のほとんどの間、肌は日焼けした革のようでした。焙煎するホットドッグのひび割れ、古い下見板張りのパビリオンの白地に白の外観。そして、両親と一緒に波止場の魚市場を早朝に訪れた素晴らしいことを特に鮮明に覚えています。

 

これらすべての経験は、私の人生の早い段階で海辺を特別な場所として確立しました。しかし、私の子供の頃の懐かしい思い出を超えて、海とのより根本的なつながりが他にもあります。これらの中で最も重要なのは、おそらく海が提供する連続性の感覚です。大陸間、人々間、過去と現在の間の連続性です。

 

しかし、海の波が、場所、人、そして、時間を一緒にするように、それらを分離します、そして、私はこれらの区別も魅力的だと思います。たとえば、地中海に沿ってイタリアとフランスの国境を越えると、海岸線は変わりませんが、場所の感覚はすぐに変わります。その変化とは、建築、人々、そして、彼らの装いです。更衣所のセットアップ方法、パレット、イタリアでは、より明白なグラフィックのクオリティーで明らかです。人々の見た目や服装、昼食の食べ方、ビーチに持っていく装身具などがわかります。

 

この驚くべき多様性は、地域のビーチを生命と文化の小宇宙に変えます。カリフォルニア、ニューイングランド、フロリダ、フランス北部、イタリアンリビエラ、または世界のどこにいても、その活力は、私にとって、ビーチを永遠に新鮮で刺激的な写真の主題にします。

 

海とその周辺の世界は、長い間、私のお気に入りの芸術テーマの1つだったので、海のそばは、海そのもののように、進化するほど想像されていませんでした。次のページに複製されている写真は、所有者が4年間撮影したもので、広範囲にわたる旅行と数え切れないほどのフィルムのロールを表しています。すべての画像は、最終的にはそれ自体を物語っていると思いますが、わかりやすくするために、本の裏にある画像に付随する背景のメモに自分の考えと技術データを記録しました。

 

 しかし、私は、各視聴者が私のものとは実質的に異なる海辺との関係を持っているに違いないことを認識しています。それらの印象を説明し、写真に感情的な次元を加えるために、私は多くの人々に、ここに含まれている画像を見ることなく、海のそばにいることについての気持ちを共有するように頼みました。

 

これらの人々は多くの地域、職業、社会の一部を代表していましたが、全員が自分たちの考えを明らかにすることに快く同意しました。その反応は圧倒的で、すべてを本に含めることができなかったのは残念です。彼らのコメントは、彼らの個性と彼らの深い内面的な感情の両方の延長であることがわかりました。私がそうであったように、あなたが彼らの機知、率直さ、そして雄弁さに感動することを願っています。

私にとって、海の中心にあるのは、視覚的および言語的な豊かな視点と感情の深さです。私が本を作ったのと同じくらい楽しんでいただければ幸いです。

 

                                                                                               ロバートファーバー

​Robert Farber By the Sea 写真集から引用